女子高生シンガー"RIRI"が世界最大の音楽祭「SXSW」で話題に!

アメリカ・テキサス州オースティンで3月10日~19日の10日間にわたって「SXSW(サウス・バイ・サウスウェスト)」が開催された。
今年は約60カ国から約2,000組以上のアーティストが集結、過去にはLady Gaga, Jay Z, Kanye Westなど多くのメジャーアーティストも出演している世界最大の音楽祭・映画祭・インタラクティブフェスティバルである。
その3月17日(金)にElysiumという老舗ライヴハウスにて開催されたイベントのトップバッターで登場した無名の17歳女子高生R&BシンガーRIRI(リリ)のパフォーマンスに、会場は異例の盛り上がりを見せた。
開場したばかりのライヴハウスは、後方やバースペースには多くの客が群がるもののステージ前は閑散としていたが、その小さい体からは想像もつかないソウルフルなRIRIの歌声が会場に響き渡ると、次第に多くのオーディエンスがフロアに押し寄せ、みるみる間に満員となった。
自らのオリジナル5曲に加え、今回SXSWでもそのパフォーマンスが大いに話題を呼んだザ・チェインスモーカーズ、そして地元テキサス出身のビヨンセのカヴァー2曲を披露。
日本人として最年少出演となった彼女の拙いながらも一生懸命な英語でのMCも共感をよび、特に修学旅行を返上してこのイベントに参加したという意気込みの部分では、大きな拍手と声援が巻き起こった。

まだインディEPをリリースしたばかりだが、今後アメリカをはじめ世界で活躍する可能性を感じたSXSW日本事務局に抜擢される形で出演が決まったという。
そんなRIRIの初めての海外パフォーマンスは、会場を一体にして大いに盛り上げ、現地にいた各国の音楽関係者の注目を集める結果となった。
日本でも多くの10代アーティストが頭角を現し始めている中、こうして新たな才能が、また海外フェスから話題になろうとしている。